信州 北八ケ岳&蓼科高原 ペンション歩絵夢

アクセスカウンタ

zoom RSS イタリヤ レンタカーの旅 ベルガモいよいよ佳境に入る

<<   作成日時 : 2015/12/11 16:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

イタリヤも自己主張がはっきりりしてる その最たるものがZTLで市街地や居住区にはレンタカーや観光バスは中に入れない、 しかし観光名所は市街地に点在している。

見たければ、歩いて行くか公共の乗り物を使いなさいと・・・・・
国外の観光客ばかりか、国内の観光客も同様でZTLの許可証はどうやらイタリヤ国内全国共通ではないようです。    





画像




ベルガモの旧市街地は、300mほど先にZTLがあり そこの地下駐車場に止めてバッグをケーブルカーまで運び
乗り込んだ まー雨降りじゃ無くて良かった。

旅行だからいいけど、めんどくさいね!





画像


ケーブルカーを降りて、ベルガモ旧市街に入り 今日の宿泊先の B&B サンロレンツオを探さなくては!!





画像





コジャレタお店に、素敵な女性を多く見かけそれなりに楽しめるが、肝心のB&Bの看板が何処にも見当たらない

嫌な予感がしてきた。

この通りに面して、観光案内所を見つけた。 これで、もう安心だ着いたも同然だね?????






トホッ、 そうはいかな無かった B&Bの名前を告げても「解りません 手元の資料に名前がありません」
住所は案内所の近くなのに解らない???  イタリヤ人ってどうなってるのよ ??


1時間ほどさまよって、住所の近くのお店の人に聞きやっとたどり着いた。

B&Bサンロレンツオのご夫妻は、親切で暖かく向いいれてくれ更には、

「レンタカーを止めた駐車場まで乗せて行くから、ホテルの契約してる駐車場に持って来なさい ZTLも解除してあげますよ。」
ただ、残念だったのはホテルのオーナーの愛車が韓国製だったことです・・・・・



画像





何時間でも居たくなるようなユッタリした時間の流れが、此処にはあり日本でこのような場所は見当たらない。

何代かに渡って、ヤツト完成し始めに作り出した人々は完成を見ずに亡くなったのだろうか・・・・

私達は、幸いな事に礼拝の途中まで参加させて頂き、素晴らしい体験だった。

時の重みの中で祈りは荘厳に響き渡り、まるでシネマのワンシーンを見てるようでした。




画像





シャツターを切る瞬間に、客の注文に応えてしまい 顔が見えなくて残念 !

イタリヤを代表する美人さんでした。



画像



B&Bサンロレンツオのご夫妻が教えてくれたレストラン、探し当てて訪ねると 午後7時開店で時間つぶしをして、

仕切り直し!! ヤッパリ美味しい店は聞いてから行くもんですね。

イタリヤバンザーイ デザートまで快食 隣の席の年配グループのイタリヤ人の食べっぷり 負けそうです!







画像





ベルガモの旧市街地は、高台にあり異空間の世界

夕食が終わり、ぶらついてると 今日はお祭りで一晩中賑やかだよと、教えてくれました。

生のオペラを聴いたり、寸劇を鑑賞して大満足の一日でした。






                                       by 千夜彦一
               

                 ペンション歩絵夢  URL    http://www.p-poem.jp/

                              Eメール  cocopoem@po25.lcv.ne











月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イタリヤ レンタカーの旅 ベルガモいよいよ佳境に入る 信州 北八ケ岳&蓼科高原 ペンション歩絵夢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる