信州 北八ケ岳&蓼科高原 ペンション歩絵夢

アクセスカウンタ

zoom RSS 常連さんの方々と白駒池のコケの森と入笠山のスズラン ハイキング

<<   作成日時 : 2017/07/13 17:17   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ご注意下さい!! 遊ぶ事が忙しくブログをサボりっぱなしの不良爺だそうです。   


年齢を重ねると、肝がすわると言われますが僕の場合は耳の聞こえが悪くて、聞えないだけですよ。
また、聞こえが悪いから都合の悪いことは聞えない振りをして、回避したいのですが敵もなかなかしたたかでして・・・


さてさて毎年、年に数回も来て頂ける我が家の救世主様の方々でして、2月の奈良のお水取りに呼んで頂き

スッカリおんぶにだっこをさせて頂きました。 本当に感謝しても仕切れなく思っています。

僕達に出来るささやかなガイドまがいをさせて頂きました。



画像




麦草峠の市営無料駐車場から出発しますが、ちゃんとみんなで準備体操を済ませましたよ。






画像





先頭の方は、今年ヒマラヤのトレッキングに行かれた方と、元山やさんなので、余り説明はと思いましたが淡々と歩くよりは野草の話や縄文人の話を交えながら進みました。




画像



黒曜石が落ちてる森を抜けると、コイワカガミがあちらこちらと顔を覗かせ可愛い姿が見られました。






画像





ここを歩くたびに思うのは、どうして子砂利をこんなにいっぱい敷き詰めたのか??

子砂利を敷き詰めて、直ぐに周りのコケは半仮死状態になった。 観光客や登山者が歩くと石と石がぶつかり合って、白い石の粉が舞い上がり 辺り一面を覆ってコケの上に降り注ぎコケは呼吸困難となっていく

それよりもウッド・チップの方が、人も歩きやすくチップは土に返るので自然だと思うのだが??
八千穂市は何を考えてるのだろうかワンコの進入には厳しいのにね・・・・・・・。





画像


何時来ても素晴らしい白駒池ですね。宮崎アニメに使われて良かったなー!
後世まで語り継がれる事を期待しますね。

この日は、午後で運よく青空 肉眼で見るよりもカメラのレンズを通すと、ブルーの湖面が
神秘的でした。





縄文人も、この池を見ていたのだろうか? 茅野の市外尖り石の住居からここまで標高で1000m程を
歩いて登って来ていた。

彼等は、黒曜石が目当てで八ケ岳を歩き回っていたようですね。




さて、翌日は我が家の向こう正面にある入笠山に向かいます。 お天気もってくれるかな???   



画像





最近は、スキーでパノラマゲレンデに来なくなり久し振りのゴンドラに乗りました。

かなり急斜面を登っていくので、これがリフトだったら結構コワイだろうなーー!




ゴンドラを降りた所が、ドイツスズランの群生地でした。 凄いもんだね!よくぞここまで増やしたもんだね。




画像






アツモリソウは、平敦盛の騎馬武者時の母衣(ほろ)に

見立ててこの名前が付いたそうです。入笠山で、栽培と保護を大々的にしています。




画像





少し地味だがクマガイソウは熊谷直実(くまがい なおざね)の母衣(ほろ)

アツモリソウとクマガイソウは源平の戦いに大いに関わりがある。因縁の花々です。





画像





尾瀬沼を思い起こすような長い木道の斜面には、スズランがビッシリ咲き誇り

スズランの素的な香りがあちらこちらと、漂い心が安らぎますよ。



画像



長野県産のスズランは、葉の下に花を行けるので入笠山では斜面を利用して咲かせています。

スズランには猛毒を保有してるので、要注意ですよ!!





画像





奈良から来られた常連さんで、ヒマラヤ山脈のトレッキングにも出掛けられたツワモノです。






画像


 

このメンバーで2年前は蓼科山を登り大いに楽しみました。





画像




レンゲツツジ畑に佇むお二人は、歩絵夢をいつもきずかって頂まして感謝していますが、

何と今回は昼食の豚汁騒動とあいなりましたーー!!

我が家の嫁さん珍しく大ドジをしでかしてしまいました。

せっかくおわんに盛った豚汁に七味唐辛子を、大判ぶるまい?? よりによって豚汁は真っ赤

それでも、せっかく盛ったので食べますと言って頂きましたが、想像を絶する辛さ!!

大変にしつれいいたしました。身体を壊しませんようにと祈るのみです。







画像





スズランも見たし、入笠山も登ったし帰りは登山道脇の新しいスズラン畑も見て

もう、満足です。 しかし、よく歩きました 梅雨の晴れ間にピタリと合って私達も

楽しませて頂きました。  感謝いたします。!!




年々観光目的とはいえ、立派になるのは良い事ですよ。

やはり人々に見ていただく訳だし

少しは人工的と言われても、管理は大切ですね。





                     ペンション歩絵夢  URL    http://www.p-poem.jp/

                                Eメール  cocopoem@po25.lcv.ne




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
常連さんの方々と白駒池のコケの森と入笠山のスズラン ハイキング 信州 北八ケ岳&蓼科高原 ペンション歩絵夢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる