信州 北八ケ岳&蓼科高原 ペンション歩絵夢

アクセスカウンタ

zoom RSS 日向山(ひなたやま) 常連さんと登ってきましたよ。

<<   作成日時 : 2017/10/10 18:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まー、山は逃げないので時間があればゆっくり登るに限ります。

この日の天候は正に、女心と秋の空は言い得て妙(絶妙)でした。

曇りから霧へそして、かなりの雨脚から、一転して青空に変り 

       天空の浜辺を堪能しました。


丁度、私を入れて7人で購入したオデッセイが7人乗りで1台で行って来ました。

白州の道の駅で、ペットボトルに水をもらい少し飲んでみると、自慢だけど!  

蓼科の水の方が遥かに旨いよ!! かなり偉そうに言い切りましたぞ!!

ここの水は、白州サントリーのウイスキー工場内の水のような、おいしさが無いね。! 

チョッとガッカリです。





画像

オデッセイは7人乗っても唸る事も無く、山道を

するすると登りパドル操作が出来る強みを発揮

してくれました。

天気がハッキリしない事もあり駐車場は、

ガラガで幸運

湿度を感じながらも準備体操をして、



さー登るぞと気合を入れました。今日の天空の砂浜は真っ白な砂浜が見れるだろうか?

この事は、初めて登る方には 内緒 にしています。





画像




登り始めて直ぐに、蒸し風呂に入ってる感じの

暑さに皆でゲンナリ・・・・・

とても、10月とは思えません!!




画像





何と、ここから先は濃霧の中を登るわけ??

歩絵夢と標高が、ほぼ同じなのでついつい舐めてしがいがち

足元が滑りやすくなるので、要注意




画像



蒸し風呂のような暑さと、滝の如く流れる大汗

まみれ!


だけど、この笑顔 山の魔力に引きこまれて

喜んでいますよ。




画像




なんとも言えぬ ほほえましくも可愛らしい茸

ニガクリタケの合唱隊

やはり今年は雨が多く、茸にとっては恵みの雨

なんだろうか?




画像





霧を掻き分けるように登ってると

突然の大雨が振り出してきた。

ブナは枝葉を伸ばし密になってるせいか

雨具が無くても、濡れずに済みました。





画像


雨雲の中から天使の階段が、いく筋も現れて

雨がやんで行くようすが伺えました。

雨雲の中の天使の階段は始めてみました。




画像




先程のニガクリタケが成長して美味しそう

ですが!??

これが何と、猛毒なんですよ!!

多めに食べれば苦しみまわって別世界

へ旅立ってしまいます。(安楽死出来ず)




画像




山頂は青空に覆われて、先程の雨は嘘のよう

に姿を消して大パノラマを見せています。

残念ながら八ケ岳はスッポリと雲に覆わ

れて裾野の一部しか見えません。



画像



日向山の山頂、雁ヶ原の砂浜??

いつ来ても脅かされますよね。

雑木林を抜けていきなり真っ白い物が目に

飛び込んでくるなんて!!




画像



花崗岩が侵食されて、こんな大な崖を作り

更にはオブジェまで立派に作り存在感を

アピールしています。





画像




まるで、カナダのアサバスカ氷河のように、下に向かって成長してる

かのようですよ。!!


吸い込まれないように注意して下さいね。






画像





雁ヶ原のビーチを堪能して満足げな顔が

広がっていました。

もっとも、この二人は日向山は今年だけでも

二回目です。




画像




後を振り返り、今回の見納め!

恐竜のトリケラトプスの背中の剣を思わせる

ようなオブジェ !!

最高ですね北アルプスの燕岳を思い出し

ますね。



楽しい仲間との山行は、疲れを忘れますね。  皆にありがとう! また行こうね!!




                                               by彦一        

                 ペンション歩絵夢  URL    http://www.p-poem.jp/
                              
                             Eメール  cocopoem@po25.lcv.ne







                     

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日向山(ひなたやま) 常連さんと登ってきましたよ。 信州 北八ケ岳&蓼科高原 ペンション歩絵夢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる