信州 北八ケ岳&蓼科高原 ペンション歩絵夢

アクセスカウンタ

zoom RSS 八ヶ岳の西天狗と東天狗

<<   作成日時 : 2008/10/15 22:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

10年振りに登ってきました。

今シーズン初めての2600M越えを友人達と楽しんで来ましたよー。
出発地点は唐沢鉱泉から西尾根へと向かいました






画像



しゃくなげ橋を渡って、いよいよ出発・・・・。

どきどき  わくわく  今日はどんな感じの山模様が見れるんだろうか?

そうそう、今日のメンバーは大親友の岳夫さん(山のベテラン)・岳夫さんの義理のお姉さん(200名山も徒破の超ベテラン)・我ら夫婦の4名です。



画像



我が家の 山の神は最近体調がおもわしくなく、この第一展望台に来るまで辛そうでしたが  良く頑張りました。

私より、身体の準備が出来ていないので 本当に登れるかさえ危ぶまれる状態・・・・・・・。
ダメそうな時は早めに下山の覚悟でした。




画像



硫黄岳のデカさに圧倒されました。ココからの硫黄は圧巻です!  山の力強さが伝わってきますね。
もちろん、稲子方面の爆裂口は凄まじいけどね・・・・・・・。







画像






まずは東天狗山頂をゲットして、盛大なる昼食会を開きます。

メニューは  オニギリ・現地ゆで卵・ハンバーグ・コーンスープそれから おしるこ(おもち入り)

最後は自家製のベーコン&ウインナー  これだけ食べれば腹がきつくなるのは当たり前  旨かったー!!
ちなみに、男性二人ともメタボではありませんよ!





画像





さーて、次なる目標は 東天狗  天狗の鼻でも蹴飛ばしてやるか!!

勢いはいいが、こんなに岩だらけだったかなー  人間の記憶とはこんなにも頼りないもの??





画像




東天狗もなかなか凄い山容で、遠くから見える感じとは大違いです。
山に来たぞー   ってな感じに浸れます。





画像




西天狗から東天狗に向かうための下山道は、瓦礫の中を通って行くため足が痛くなります。





画像








東天狗に到達  やれやれ  流石は天狗  今にも飛び出しそうな気配を感じます。







画像





ここがどうやら天狗の鼻(鎖場になってます)





画像














この池が紛らわしい幻の池で、雨量によってなくなるそうな・・・・・

さらに名前が擂鉢池とか摺鉢池(どちらも すりばち いけ と読みます)本や地図によって呼び名が変わります。






画像







ここが唐沢鉱泉の源泉なんです。

実に綺麗な色は、なかなか神秘的でズーッと眺めていても、飽きません。


ココは私的には極楽浄土て言うきがします。



足を引っ張りながらも、無事目標を達成しながら下山しました。
9月が天候不順だったせいか、登山者がけっこう多くいましたね・・・・。






             

               ペンション歩絵夢  URL    http://www.p-poem.jp/

                          Eメール  cocopoem@po25.lcv.ne  





 


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
八ヶ岳の西天狗と東天狗 信州 北八ケ岳&蓼科高原 ペンション歩絵夢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる